オンラインショップはこちら

りんご便り

牧場のマッキー奮闘記(7)

りんごの品種の増やし方に、「接ぎ木」という方法があります。
枝の途中から別の品種の枝を接ぎ木することで、その先は接いだ品種の実がなります。

りんごの木を大きく育てるのには、実るまで時間がかかりますが、この方法では、より早く実を実らせることができるのです。

今年の春、グラニースミスをはじめとする外国品種をいろいろと接ぎ木しました。
(その他の外国品種は、出来てからのお楽しみということで、内緒です??)
作業は、マッキーと先輩スタッフの二人が頑張ってくれました!

051901.png

051902.png

051903.png

051904.png

当園のりんごたちをはじめ、飯綱町のりんごは、サンクゼールさんでシードルの原料になっています。
先日、シードル祭りが開催されました。

りんごのシードル、まだお手にとって見ていない方もいるかもしれませんが...
飲みやすくて美味しいお酒です。女性にも人気だと思いますよ!

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。

コメントする

ENTRY

ARCHIVE

facebookもチェック☆