オンラインショップはこちら

りんご便り

リンゴ
今日は、台風の影響で、フェーン現象だそうで。

暑いですね。。。りんご村も30℃オーバーでした。

わたしもバテ気味。。

りんごも早速、日焼けしちゃってる...

hiyake.jpeg

そのほかにも、今日は、不良果についてお届けしたいと思います。
今、摘果を進めていると、すでに変形になっている果実がみられます。
これらは、摘果する対象となりますが、ほかに良果がない場合は、残すこともあります。

果実が扁平になっているもの。
henpei.jpeg

こちらは果実の形がしずく型になってしまったもの。
shizuku.jpeg

斜傾果。
syakei1.jpeg

軸のところに、突起のようなものが出ている果実。
tokki.jpeg

象っ鼻と呼ばれる軸の形。
zou.jpeg

これらの原因も様々。

お届けするりんごは、選りすぐりのりんごたちなのです。

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。


ひとまず・・・
一番摘果が終了しました!

そして、間髪入れずに仕上げ摘果が始まっております。

work.jpeg

ただいまのふじは、こんな感じに大きく。
そろそろ果実が下を向き始めてきました。

thumb_IMG_2342_1024.jpg

その他のくだものたちの様子を見ると・・・

ブルーベリーはもう食べられそうなものがチラホラできてる!!!!

thumb_IMG_2353_1024.jpg

今年は、1週間ほど早く進んでいます。

桃も今年は、"今のところ"順調。

thumb_IMG_2348_1024.jpg

シャインマスカットも、今年は去年よりもたくさん実をつけてます。
お届けできるかも!?

thumb_IMG_2349_1024.jpg

いよいよ、7月に入るとブルーベリーから順次出荷が始まります。

2015年りんご村のくだものシーズン開始です!


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。

この時期、古くなって良い実がならなくなってきた樹や病気になってしまった樹を切ります。

長年、美味しいりんごをたくさん実らせてくれた樹。
幹も枝もこんなに立派!!!

iPhone-2015.05.11-15.39.20.182.jpg

これらは、ちょうど良い大きさに切って、薪として利用します。
我が家の薪ストーブやピザ窯用です。

根っこを掘り出す作業も一苦労。
こんなに立派な根が張っていたんですよ!

iPhone-2015.05.13-10.52.09.916.jpg

りんごの根は、枝が広がっている範囲に根付いているそうです。

大きな樹になればなるほど、根を掘り出す作業も大変!
バックフォーで掘り起し、人力で引っ張り出し、、、、
男二人で力仕事、がんばりました。

掘り起こして、役目を終えた樹があれば、また新しく植える樹も。

iPhone-2015.05.18-10.38.28.274.jpg

この小さな樹が、何十年もかけて、大きな樹へと育っていきます。
大事に大事に育てていきます。


りんごの実もかなり膨らんできましたよー。
摘果がんばらないと!

iPhone-2015.05.18-10.35.48.528.jpg

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
収穫をしていると、変な形のりんごたちに出会います。

真ん中に穴が空いたみたいになってしまったシナノスイート。

IMG_1300.JPG

肩から首にかけてのくびれがなく、のっぺりとした新世界。

IMG_1375.jpg

上から見ると、こんな感じに。

IMG_1374.jpg

こちらは、かぼちゃみたいなふじ。

IMG_0003.jpg

お尻はこんな変な形になってます。

IMG_0004.jpg

変形になる原因は様々。
食味に影響があるかも、様々。

こういった果実は、お客さまの元へお届けすることはないのですが...

自然が作り出す不思議。ですよね。

ちなみに、一番したのかぼちゃふじは、もしかしたら「ホウ素」が足りていないのが原因かもしれない。
ということでした。
土壌バランスのくずれもこういう変形果を生む要因にもなるのですね。


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
秋のりんご村だよりの第2号を発行いたしました。
お手元に届きましたでしょうか?

まだ届いてない!と言う方は、こちらまでご連絡くださいね。

2014_りんご便り晩秋.jpgのサムネール画像

さて、今年の「サンふじ」の状況ですが...
熟すのが早い!!もうすでにお尻が真っ黄色のりんごが増えてきています。

今年は、ほぼ蜜入りになりそう。
ツル割れ果が多く、実付きもあまり良くない...
ということは、日持ちが悪く、3月頃まで持つか心配...

今年の状況については、少し心配な収穫前です。

今年は、9月に入り、早くから寒くなったので、ほとんどのりんごは熟すのが早まりました。
「つがる」はとても良かったのですが、続く中生種は難しかった。
果実の味が完成する前に、果実の色付きだけが先行していきました。
中身の伴っていない果実が多く、しかし中身の味の完成を待っていると果肉が軟化してしまうため、収穫や選果にはとても気をつかいました。

そして11月に入り、今度は気温が全然下がらない日が続いています。
ここ数日は、例年の11月より1〜2度ほど気温が高い。
昨年の11月にはダウンジャケットを着て作業していた人も今年はまだレインパーカーです。

うーん。この気温がどういう風にりんごに影響を与えるのか...

まだ出来てみないと未知なところはありますが...

去年、特に良かっただけに、今年は、ちょっと苦労する年になりそうです。


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。

ENTRY

ARCHIVE

facebookもチェック☆