オンラインショップはこちら

りんご便り

リンゴ
今日は、長野県の「信州の環境にやさしい農産物認証制度(区分50)」認証を取得し、その後の監査がありました。

IMG_7783.JPG

長野県の特別栽培認証には、2区分あり、当園は、区分「50」です。
区分「50」は、以下の農産物が認証取得できます。
「化学肥料および化学合成農薬について、「地域慣行施肥量」及び「地区農薬使用回数」の50%以上を削減した方法で生産された農産物」

当園は、さらに化学肥料・除草剤は不使用であり、化学合成農薬は60%以上削減を目指して栽培しています。

圃場を見ていると、なにやら収穫中の気配が...

IMG_7795.JPG

収穫しているのは「夏乙女」という、小玉のりんごです。

IMG_7803.JPG

シャキっとしていて、ジューシー、さっぱりとした甘みのありました。
なかなか美味しいりんご!

そして、本日、私がずっとブラムリーのひどいサビ果だと思っていたりんごが違う品種であることが判明...

IMG_7786.JPG

「デルバートスクープ」というりんごの品種らしいです。
調べてみたけど、全然情報がなく、、、
フランスやアメリカのりんごの情報に「デルバートエスティブ」や「デルバードジュビル」はあるんだけど。。

知ってる方いたら、ぜひ教えて下さい!情報募集中!


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
今年はなぜか、延びに延びたブルーベリーの収穫。
ようやく終了しました。
約1ヶ月間も収穫できるなんて、異例中の異例です!

後半のブルーベリーは、冷凍保存しました。
冷凍パックも販売しておりますので、ご興味のある方はぜひ。
加工用にもオススメですよ。
私は、ヨーグルトと混ぜて、スムージーにしてみましたが、美味!でした!!

そして、ブルーベリーとは打って変わって、「あっ」という間にソルダムプラムの収穫も終わりました。
例年はだんだんと熟していくのですが、
今年は熟すのが早く、お盆中の雨で割れてしまった実も多かったのです。

IMG_7763.JPG

割れてしまうと、もちろんお客さまにはお届けできませんし、
そこから悪くなったり、匂いで鳥がやってきて、他の実まで鳥につつかれる被害に...
この時期の雨は、本当にイヤです。。

実は、この後のプルーンや桃も、実割れが目立ってきました。
今年はお客さま全員にちゃんとお届けできるか...今から不安です。。。

これからは、怒濤の収穫開始ラッシュ!
私も毎日追いつくのが大変!

ここのところ、お客さまからりんごのチラシの催促のお電話もちらほら...
今、必死で準備していますので、しばしお待ちを!!!!すいません><

まずは、「夏あかり」からりんごの収穫スタート♪

IMG_6235.JPG

暑い時期にぴったりの丸かじりりんごです。
しっかりとした甘みも感じられますよ。

写真は去年の収穫風景です。
今年も収穫の際には、写真撮ってきますね!

IMG_6221.JPG


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
りんご村も蝉の声が聞こえ始め、いよいよ夏がやってきそうです。

今週のとある平日、当園のメンバーで、長野県果樹試験場の視察見学に行ってきました。
果樹試験場では、様々なりんごを始めとする果樹の栽培技術開発を行っています。

今回、りんごを中心に新しく取り組んでいる栽培技術や現在行っている環境実験などを紹介して頂きました。

P6264303.JPG

実験は始まったばかりという、
温暖化に向けての高温になった際の影響調査をする施設

Jkv4X.jpeg

日照条件を悪くした場合の環境影響調査。

P6264316.JPG

当園も取り組んでいる「高密植新わい化栽培」

P6264313.JPG

ぶどうの短梢せん定や梨栽培方法に似せたりんごの樹体ジョイント仕立て栽培

P6264318.JPG

今までに見たことのない栽培技術をいろいろと見学することができました。

試験場は樹間が整然と整っていて、下草も生えそろっていて、圃場がとてもキレイ。

P6264308.JPG

プラムの畑も見せて頂いたのですが、当園のプラム畑と違いすぎる...

P6264319.JPG

畑当たりの収量も考えないといけないので、今すぐに間の樹を伐採することはできませんが...
ゆくゆくはキレイに整って作業しやすい圃場に変えていきたいものです。

今回の視察の中で、肥料をやった場合とやらない場合の生育比較実験がありました。
肥料をやるやらない、よりも土壌を整えることの方が重要である。とおっしゃっていました。
土壌の微量成分のバランスをきちんと把握し、良い土壌にすることが肥料よりも重要なようです。
私たちの土壌分析結果に基づく土壌作りは、今後とも大事に続けていきたいですね。

今回の見学、当園のメンバーにもなかなか刺激になった模様。
これからの山下フルーツ農園の圃場がおもしろくなっていくかもしれません。
ジョイント仕立て栽培、見た目にもおもしろいので、少しやってみたいかも。


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
更新が滞っておりました。すいません><

りんごの花も花盛りを迎えました!

IMG_7388.JPG

派手さはないけど、よく見ると可愛いのがりんごの花。
つぼみはピンクかかっていますが、開くと真っ白な花びらです。

IMG_7349.JPG

さっそくミツバチ達もお仕事開始していますよ。

IMG_7360.JPG

りんごの実が品種で違うように、花も少し違います。
ほーーーんの少しの違いなので、ほとんど分からないものが多いのですが、
パッと分かるのは、この花。

IMG_7361.JPG

まっピンクなんです!
これは、受粉樹の姫りんごなのですが、畑の中でもとても目立ちますよ。

さて、花が咲いたということは、摘花作業が開始・・・ということです。

今日もひたすら、摘花摘花!

IMG_7378.JPG

摘花は、正確性と集中力と根気が必要な作業。
ベテラン社員は、両手を使って作業も早いです。

IMG_7382.JPG


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
先週のことですが・・・
去年、陽光をすべて抜いて改植した畑に、200本のシナノゴールドのわい性苗を植えました。

IMG_7045.JPG

作業中の様子を上から見ると、なかなか壮観。

IMG_7037.JPG

1人が苗を支柱に合わせて置いて、もう1人がシャベルで土をかぶせていきます。

IMG_7053.JPG

これが、ものすごい重労働なんです。
土は重いし、なんせ200本・・・

2人とも、汗びっしょりでぐったりしていました。
筋肉痛だったとか。。。

IMG_7058.JPG

この時期は、剪定の他に、新しい苗木を植える作業もします。
この苗木たちが無事に育つと2・3年後には、収穫できる予定です。
そうすれば、シナノゴールドの収量も増え、美味しいシナノゴールドをもっとたくさんお届けできるようになります。

さてさて、ブログの更新が滞っているうちにいろんな作業が進んでいます。
畑もりんご村も、すっかり春になりました。
早くたくさん記事を書かなければ!!!


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。

ENTRY

ARCHIVE

facebookもチェック☆