オンラインショップはこちら

りんご便り

牧場のマッキー奮闘記
マッキーより、新年のご挨拶申し上げます。

01231.jpg

01232.jpg

01233.jpg

01234.jpg

りんごの収穫かご、ずっしり入る「サンふじ」などだと8キロくらいの重さになります。
けっこう重たいんですよ。

カートを軽トラに乗せたり、毎日充電しなければいけなかったり、、、
いろいろと面倒だけど、かえって作業性は楽になって効率が良かったり。
こういうことって結構ありますよね。
こういうの、長野弁で言うところの「「ずく」出せ!」なんでしょうか?

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
私も更新できない、マッキーも更新できない、、、というピンチにあったブログですが、久々のマッキー登場です。

毎年毎年、りんごの味も変わる?
それは、好みが変わったから?りんごの味が変わったから?

111301.jpg


111302.jpg
111303.jpg
111304.jpg

去年のマッキーの一押しは「シナノドルチェ」だったそう。
ずいぶん違うりんごが好みになってますよね。

しかし、今年のりんごは、酸味より甘味が強い印象があります。
その中でも甘味が特徴的なりんごがマッキーには良かったのでしょうか??

りんごの好みは本当に人それぞれですよね。

もちろん、若い方で柔らかくて甘めのりんごが好きな方もいらっしゃいますし、ご年配の方で酸っぱくて硬いりんごが好きな方もいらっしゃいます。

山下フルーツ農園では、甘いりんご、酸っぱいりんご、固いりんご、柔らかいりんご、いろんな種類のりんごを栽培しています。
「こういうりんごが好みです!」「こんなりんごを探してます!」と言ってもらえると、おすすめもしやすいので、ぜひご相談ください。

食べたことのない品種については、聞いてもらえれば最大限の説明はさせて頂いています。
実際には食べないと分からないところが大きいのですがね・・・

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
えりさん!時間がなかったので、6月から7月はダイジェスト版にしました!
っと、マッキーがノートを渡してくれた8月末...
そして現在、9月中旬...

忙しさにかまけてまたまた遅くなってしまいました。
マッキーファンの皆様、そしてマッキー、ごめんなさい。

6月から7月まではダイジェスト版でお伝えします!!

img01.png

摘果が主な仕事になる時期です。とにかく、りんごを落としました。

img02.png

消毒は「スピードスプレイヤー(SS)」という農業界の真っ赤なフェラーリに乗って。
完全防備で行うため、汗だくだくで行います。
終わったあとは、3キロくらい痩せてそう...

img03.png
実は動物があまり好きではない(苦手な?)マッキー。
めーこのこと、こんな風に思っていたようです。
ちなみに、めーこの好物は「草」ではなく「樹の枝や葉」。
ヤギって、草食べるんじゃないの?

img04.png
マッキーはブルーベリー担当として、和子母と二人で頑張りました。
早朝から収穫、選果、荷造り。時には、草刈りや草取りも。

今年はとくに大豊作だったので、来る日も来る日もひたすらブルーベリー収穫をしていたのです。

生果は終了しましたが、冷凍ブルーベリーとブルーベリージャムは出荷可能です。
マッキーの収穫した、2016年産のブルーベリー!
おいしいですよ!!!

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
これは、とある5月のお話です...
バタバタしていた私がアップしておらず、マッキーファンの皆さま(&マッキー本人)本当にごめんなさい。

摘果の真っ最中のお話。
いや、今も摘果の真っ最中なのですがね。。

この日は、新わい化栽培の圃場の摘果をしていました。

1.png
2.png

3.png

4.png

今年、山下フルーツ農園では、プロのカメラマンさんに写真を撮影してもらっています。

マッキーがちょうど枝をボキッとやってしまった時、カメラマンさんが撮影していました。

平然とした顔で写真に写っていたマッキーですが、、、
見返した写真には、折れた枝が...

マッキーの名誉のために、写真のアップは控えておきます。

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
りんごの品種の増やし方に、「接ぎ木」という方法があります。
枝の途中から別の品種の枝を接ぎ木することで、その先は接いだ品種の実がなります。

りんごの木を大きく育てるのには、実るまで時間がかかりますが、この方法では、より早く実を実らせることができるのです。

今年の春、グラニースミスをはじめとする外国品種をいろいろと接ぎ木しました。
(その他の外国品種は、出来てからのお楽しみということで、内緒です??)
作業は、マッキーと先輩スタッフの二人が頑張ってくれました!

051901.png

051902.png

051903.png

051904.png

当園のりんごたちをはじめ、飯綱町のりんごは、サンクゼールさんでシードルの原料になっています。
先日、シードル祭りが開催されました。

りんごのシードル、まだお手にとって見ていない方もいるかもしれませんが...
飲みやすくて美味しいお酒です。女性にも人気だと思いますよ!

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。

ENTRY

ARCHIVE

facebookもチェック☆