オンラインショップはこちら

りんご便り

りんご村の日常
りんごの樹、何本くらいあるんですか?

と、よく聞かれます。

新わい化栽培(高密植わい化栽培)だと、一つの畑に300本くらい植えたりするので、
一概に何本と答えるのと規模の大きさが比例はしないのですが、、

とにかく、いっぱいあります!笑。

そうなると、樹の情報共有はとっっても大事!!

剪定の考え方や今しか分からない情報もあるので、
しっかりみんなに伝えることが大事です。

当園では、個々に写真を撮って共有しています。

0317_1.jpeg

ちなみにこの写真に添えられていた文章は、
「混んでいるので、真ん中の10番を残せるように剪定。
 まだ樹勢は強め。」

圃場ごとにも樹にもそれぞれ特徴があります。
一般の会社でもホウレンソウが大事なように、
農業でもホウレンソウはとっても大事!
全員が分かるように、情報共有を大切にしています。

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
ブログの更新がとっっっても遅くなってしまい、すいません。
りんご村のことをお伝えしよう、しようと思いながら、筆不精が・・・


さてさて、3月に入り、暖かさもあり、順調に剪定が進んでいます。

しかし、今年は、タイトル通り、しっかり芽を見て!!の剪定が必要となっています。


その理由は・・・

IMG_3260.JPG

上のように、枯死してしまっている「芽」が多いのです。

通常は、下のように芽が膨らみます。

IMG_3262.JPG

今年は、暖かさのせいもあり、早く芽が膨らみました。
その後の急な寒の戻りのせいで、芽が枯死してしまっているものが見受けられます。

枯死してしまった枝を残して、膨らんでいる芽の方を伐ってしまうということがないよう、今年はいつも以上に「芽を見て!」の剪定なのです。


明日は、長野はまたまた雪予報。
今日は、気温が16度もあるというのに・・・

身体もおかしくなりそうですが、りんごもおかしくなりそう。。。

今年のりんごはどうなってしまうのか、今から心配です!!!

しっかり膨らんでいる芽たちが元気に育ちますように。

IMG_3263.JPG


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
先日、パルシステムさんに取材を受けたものが記事になりました。
私たちの思いが伝わる記事に仕上げてもらいました。

パルシステムの会員さんで、当園のりんごを買ってくださっているお客様からも
「見たよ。」の声を頂きました。
私たちのりんごを選んで、食べてくださるお客様がたくさんいると改めて感じています。

これからも気を引き締めて、りんご作りに励みたいと思います。



さてさて、りんご村は、ようやく冬を迎えました。(笑)
今年は全く雪のない冬でしたが、とうとう雪が。。

IMG_3081.JPG

ずっと暖かい日が続いていたところ、急に寒くなり、身体が弱りそうです・・・
皆さまも体調には気を付けて過ごしてください!!!


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
サンふじの収穫は、りんご村で一番「気合」が入る作業です。

IMG_2829.jpg

なんとなく、この時期になると気分も高揚してくるんですよね!!

当園は、選り穫りするので、一度に同じ圃場のりんごを収穫するということがありません。
量が多いサンふじも同様です。
圃場を最低3回以上は回って、熟しているものから収穫していきます。

こんなに鈴なりのりんごたちの中から選ぶんですよ。

IMG_2820.jpg

IMG_2826.jpg

収穫した果実は、熟度も良好!味も凝縮されています!!

IMG_2822.jpg

今年は、収穫作業と並行して出荷作業も少しずつですが、開始しました。

今までは、収穫がとにかく優先で出荷は後だったのですが、
人数が増えたおかげで、少しですが出荷作業も進めることができています。

お手元に届くのは、もう少し時間がかかるかもしれませんが、
順次出荷していますので、お楽しみにしていてくださいね!!!

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
とってもスイィートなりんご「シナノスイート」。
近頃、すごく人気になってきていますね。
スーパーや市場でも良く見かけるりんごだと思います。

IMG_2710.JPG

りんご村では、ようやく収穫が始まりました。

IMG_2708.JPG

ここまでのりんごは例年よりかなり早くなっていましたが、
少し落ち着いてきたような気がします。ほぼ例年通りかな。

収穫したシナノスイートを糖度計測器にかけ、計測していました。

りんごを輪切りにして、

IMG_2715.JPG

果汁を絞り、

IMG_2716.JPG

IMG_2717.JPG

絞った果汁を測定器へ。

IMG_2720.JPG

IMG_2721.JPG

何のためにやっているかと言うと、
糖度計測器の測定結果を使って、光センサーの糖度測定設定を調整します。

糖度保証で光センサーを通すには、こうした調整がとても大切な作業なんです。


ところで、話は変わりますが、
先日、長野駅のリニューアルした駅ビルMIDORIに行ってきました。

なんと、「アルクマ」がいました!

「アルクマ」ってご存知でしょうか?
長野のゆるキャラです。りんご被ってます。

thumb_IMG_2644_1024.jpg


一緒に写真撮影できるスポットなので、長野駅にお出かけの際は是非ー。

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。

ENTRY

ARCHIVE

facebookもチェック☆