オンラインショップはこちら

りんご便り

りんご村の日常
当園がある、りんご村の倉井という地区にある神社。
「倉井神社」は、諏訪大社の流れをくむ神社です。

そのため、諏訪大社と同じ年回りで御柱祭があります。
私も見るのは初めて!

諏訪大社のような何トンもする大木ではないし、
祭自体は1日で終わるのですが、
それでも十分に迫力がありました!!!

今年は倉井区の副区長の勲夫。いつもの鉢巻姿ではなく、スーツ姿で登場。(写真一番左です)

IMG_3461.jpg

その後ろから、御柱を引いた若者たちがやってきます。

IMG_3468.jpg

ラッパを吹き鳴らし、木遣りの掛け声を高らかに上げながらの登場。

IMG_3470.jpg

当園の駐車場に入ると、木を回し始めました!

040301.jpg

回しながら、木をシーソーのようにバタンバタンと動かします。

040302.jpg

一通り回ったあとは、観客へお菓子を巻くー!

040303.jpg

勢いにびっくりして、終始キョトン顔で見ていた宇汰。
お菓子だけは、フードの中いっぱいにゲットしたのでした。

040304.jpg

この迫力、動画でお伝えしたかったのですが、
やり方がイマイチ分からなくて、動画がアップできませんでした...

迫力、少しは伝わりましたか?

次回は7年後!
ちょうど、宇汰が子ども御柱を引く歳になるそうです。それも楽しみ!

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
前回、twitterでお知らせした、工事中の現場。

IMG_8118.JPG

なんの工事をしていたのかというと...

IMG_8112.JPG

飯綱町で行われている「ICTを活用した最先端農業技術研究に関する研究会」に
アップルファームさみずとして参加しており、
その研究のためのフィールドサーバーを設置したのです。

研究会については、詳しくはこちらを見てください。
(第41号のところ。写真手前左手でipadをいじっているのは一樹です)

ICT農業については、詳しくはこちらを見てください。
そのほかにも、google検索するといろいろ情報出てきますよ!

さて、こちらが今回、設置された機械です。

IMG_8114.JPG

先端にはカメラがついており、
風力や温度、湿度など、様々な気象情報を記録することができるそうです。

IMG_8132.JPG

新わい化栽培の支柱の間に、ちょうど馴染んでますかね?

まだまだこれから、どんなことが出来るのかは未知数ですが、面白そう!!
(と思えるのは、私が理系工学部出身だからでしょうか?)

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
昨日、今日、りんご村は快晴でした!!

IMG_8089.JPG

こんな日は、朝から男性社員たちは、田んぼのよけ掘りです。
これがなんとも重労働...

IMG_8095.JPG

田んぼに冬の間に溜まった水などを抜くために田の周りを掘ります。
泥まみれになりながら、ひたすら掘り続ける。

IMG_8092.JPG

水たまりが出来ているところは、道筋をつけるように掘る。

IMG_8085.JPG

ひたすらひたすら泥を掘る作業。相当、体力を消耗します。
朝と夕方では、5キロくらい痩せたんじゃないか!?ってくらい別人に!

今日はビールが美味しいだろうなぁー!!!


一方で、りんごの圃場で枝拾いをしているパートさん達は、こんな様子だったそう。

032201.png

枝拾いは、ママさんパートの皆さんが大活躍なのです。

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
りんごの樹、何本くらいあるんですか?

と、よく聞かれます。

新わい化栽培(高密植わい化栽培)だと、一つの畑に300本くらい植えたりするので、
一概に何本と答えるのと規模の大きさが比例はしないのですが、、

とにかく、いっぱいあります!笑。

そうなると、樹の情報共有はとっっても大事!!

剪定の考え方や今しか分からない情報もあるので、
しっかりみんなに伝えることが大事です。

当園では、個々に写真を撮って共有しています。

0317_1.jpeg

ちなみにこの写真に添えられていた文章は、
「混んでいるので、真ん中の10番を残せるように剪定。
 まだ樹勢は強め。」

圃場ごとにも樹にもそれぞれ特徴があります。
一般の会社でもホウレンソウが大事なように、
農業でもホウレンソウはとっても大事!
全員が分かるように、情報共有を大切にしています。

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
ブログの更新がとっっっても遅くなってしまい、すいません。
りんご村のことをお伝えしよう、しようと思いながら、筆不精が・・・


さてさて、3月に入り、暖かさもあり、順調に剪定が進んでいます。

しかし、今年は、タイトル通り、しっかり芽を見て!!の剪定が必要となっています。


その理由は・・・

IMG_3260.JPG

上のように、枯死してしまっている「芽」が多いのです。

通常は、下のように芽が膨らみます。

IMG_3262.JPG

今年は、暖かさのせいもあり、早く芽が膨らみました。
その後の急な寒の戻りのせいで、芽が枯死してしまっているものが見受けられます。

枯死してしまった枝を残して、膨らんでいる芽の方を伐ってしまうということがないよう、今年はいつも以上に「芽を見て!」の剪定なのです。


明日は、長野はまたまた雪予報。
今日は、気温が16度もあるというのに・・・

身体もおかしくなりそうですが、りんごもおかしくなりそう。。。

今年のりんごはどうなってしまうのか、今から心配です!!!

しっかり膨らんでいる芽たちが元気に育ちますように。

IMG_3263.JPG


※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。

ENTRY

ARCHIVE

facebookもチェック☆