オンラインショップはこちら

りんご便り

春の天気はころころ変わる... とは言いますが。
当園では作業場所の違いで、まるで別の日のように体感の天候が違います。

圃場は、すべて近場とはいえ、此処に立地条件が違うためです。
山が裏手にある場所や遮るものが何もない場所、道路脇、周りもりんご畑だらけ...などなど

そんな圃場の違いを一番に感じるのは、
作業しているスタッフの格好の違いだったり、休憩時間の様子だったりを見たときです。

今日は雨だけど、大して濡れないねー。なんて、話していたのに、
別の圃場から帰ってきた人は、ぐっしょり濡れてたり...
042301.png

今日は晴れてて暑いねー。なんて、話していたら、
うぅー。風が冷たくて寒いーーー。っと凍えながら帰ってきたり...

043202.png

こういうとき、作業着は重ね着で脱ぎ着しやすい格好が一番!!
天候の変化で体調を崩さないように、体調管理だけは気をつけましょうね。

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
一週間前には蕾だった桃の花も咲き、今、満開を迎えています。

IMG_3585.jpg

ちなみに、去年は、鯉のぼりがあがった4/30が満開だったので、約10日も早い満開を迎えています!
これがこの後、どう影響するんだろうか。

少し心配しているのは、ハチの活動が少ないような感じがすること。
花が満開の時期は、そこら中で「ぶんぶん」と音をさせながら蜂が活動しているけど、今年はあまり姿が見られない。。
ちゃんと受粉してくれるんだろうか。。

りんご畑へ行くと、早くも開花している樹がありました。

IMG_3589.jpg

これは、「高坂りんご」という「和りんご」の一種です。

他にも咲きそうな品種のりんごもあり、今年は本当に早い。
どうなっちゃうんだろう...

そして、どうなっちゃうんだろう...がもうひとつ。。

IMG_3586.jpg

これから薪にすべく待機中の枝・幹たち(今年抜いたもの)。

これが薪になるまでが、また一苦労なんですよね...
(まぁ、わたしがやるわけではないのですが...)
いつ片付くのかなぁ。。。

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
暖かな陽気が続いていますね。
風が少し冷たい日もありますが、りんご村は春らしくなってきています。

毎年最初に咲く「あんず」の花。

IMG_3550.jpg

この写真を撮ったのは、火曜日なのですが、今日見たらもう散り始めていました。
今年は本当に開花が早いなー。

白くて可愛い花をつける「ソルダムプラム」。
とってもあまーい香りがします。

IMG_3484.jpg

ここの畑に行くと、むせかえるようなあまい香りがプンプン!

そして、桃の花も咲き始めました。
さっそく、摘蕾も始まりましたよ。順調なスタートです。

IMG_3561.jpg

ソルダムプラムの畑では、枝拾いのお手伝い(お邪魔虫)がいました。

IMG_3485.jpg

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
もう5回目!
順調な滑り出しの牧場のマッキー奮闘記。

5回目記念は、いよいよマッキーの自己紹介です。

makky.png

ちなみに、この「牧場(まきば)のマッキー奮闘記」という題名は私がつけたのですが、
本人に名前の漢字を聞いたとき、
「まきばのまき です!」と答えたのが印象的だったのです。

なんて言い切りが良くて素敵なんだろう。
と思ったのを覚えています。

りんご園ですが、「まきば」なんです。笑。

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。
当園がある、りんご村の倉井という地区にある神社。
「倉井神社」は、諏訪大社の流れをくむ神社です。

そのため、諏訪大社と同じ年回りで御柱祭があります。
私も見るのは初めて!

諏訪大社のような何トンもする大木ではないし、
祭自体は1日で終わるのですが、
それでも十分に迫力がありました!!!

今年は倉井区の副区長の勲夫。いつもの鉢巻姿ではなく、スーツ姿で登場。(写真一番左です)

IMG_3461.jpg

その後ろから、御柱を引いた若者たちがやってきます。

IMG_3468.jpg

ラッパを吹き鳴らし、木遣りの掛け声を高らかに上げながらの登場。

IMG_3470.jpg

当園の駐車場に入ると、木を回し始めました!

040301.jpg

回しながら、木をシーソーのようにバタンバタンと動かします。

040302.jpg

一通り回ったあとは、観客へお菓子を巻くー!

040303.jpg

勢いにびっくりして、終始キョトン顔で見ていた宇汰。
お菓子だけは、フードの中いっぱいにゲットしたのでした。

040304.jpg

この迫力、動画でお伝えしたかったのですが、
やり方がイマイチ分からなくて、動画がアップできませんでした...

迫力、少しは伝わりましたか?

次回は7年後!
ちょうど、宇汰が子ども御柱を引く歳になるそうです。それも楽しみ!

※記事を読んで頂き、ありがとうございます。
ご質問、お問い合せ等はこちらまで。

ENTRY

ARCHIVE

facebookもチェック☆