農家の暮らしをまるごと味わう飯綱町さみずのフルーツ農園

農園マップ

農家の暮らしを
まるごと味わう
飯綱町さみずの
フルーツ農園

Cafe 傳之丞農家民宿うら山・アスレチック石窯・バーベキューヤギの家
りんご
ぶどう
ブルーベリー
もも
プラム
あんず
洋梨
プルーン
野菜畑
りんご
ぶどう
もも
ブルーベリー
プラム
あんず
洋梨
プルーン
野菜畑

山下のフルーツ農園の人々

老若男女、元気いっぱい。「楽しいこと」「面白いこと」「ワクワクすること」が大好きなスタッフたちです。
自然やりんごと日々、向き合っています。りんごと一緒で、ひとりひとりが魅力的。個性豊かなメンバーがたくさんいます。
「仕事に来ると元気が出る。」「今日も楽しく仕事が出来た。」
そんなメンバーたちに支えられて、山下フルーツ農園は日々、進化しています!。

ヤギのめーことキャンディ

山下フルーツ農園の看板娘子。昔、農家の庭先には山羊がたくさん飼われていました。それを再現したいと始まった飯綱町のヤギプロジェクトの1期生として、当園に「めーこ」がやってきました。「めーこ」が子ヤギを生み、今は、「キャンディ」と2匹になりました。「キャンディ」は、近くの小学校へ体験入学をしたり…と地元の子どもたちとも触れ合っています。
当園の入り口の小屋にいつもいます。ぜひ、いつでも会いに来てくださいね。
人懐っこいヤギたちですので、声をかけてあげてください。

ヒストリー

昭和初め
山下家は養蚕業を営んでいる農家であった。
昭和17年
母屋 焼失
昭和19年
母屋 新築建て替え(現在も外観を残し現存)
昭和20年頃
一夫(一代目) 桑畑をりんご畑に植え替える。
さみず地域は養蚕業が盛んな地であったが、高度経済成長など社会の動きの中でりんご農家が増えていった。 周囲がりんご農家になり、りんごの農薬で蚕が育たなくなったため、一夫もりんご農家へと方向転換した。
昭和23年
勲夫(二代目)誕生
昭和44年
勲夫 農業者大学校へ入学
有機農業の考え方に出会う。 農薬をできるだけ使わないりんご栽培をし、地域では同じりんご作りをめざす仲間もできる。 当時としては珍しかった直売をはじめ、安全で安心なりんごを求めていた消費者とつながり始める。
昭和58年
一樹(三代目)誕生
子どもをもつことで、「自分たち自身の働く場がなにより安全であり、子どもたちが遊び、口にする物がつくられる場は安全、安心でなくてはならない。」と決意を新たにする。
平成7年
和子 ヨーロッパへ農業視察へ赴く。 フランス・ドイツでグリーンツーリズムの考え方に出会う。 りんご作りを知ってもらいたい気持ちで、地域の借家を借り、 農家民宿「へんぺさんち」を始める。
平成15年
地域の若いご夫婦が住みたいと申し出られたので、「へんぺさんち」をたたむ。
しかし、「このままでいいのだろうか。」という自問自答をせざるを得なくなる。
平成16年
土蔵ファームインへんぺさんち誕生
当園の一角に眠っていた土蔵を改築し、新たに「土蔵ファームインへんぺさんち」として誕生させる。 直売とグリーンツーリズムを通じて、私たちのことを知って下さるお客様を増やしていく。
平成20年
一樹 就農
平成25年
三代目夫婦に経営移譲するのに伴い「株式会社山下フルーツ農園」誕生
平成29年
カフェ傳之丞誕生
パン・製菓作りの勉強をしていた山下家の長女 亜樹が帰郷し、新たなカフェ事業をスタートする。カフェを通じて、さらなるりんごやフルーツの魅力発信につなげていく。

農園概要

経営理念:

Respect&Renovate with Fun!
”フルーツはもっと面白い”

私たちの使命:

「農」の可能性を追求し、より豊かな社会を創る
地域資源を最大限に生かし、活用する
歴史とともにあり、時代とともにリノベートしていく

農園名
株式会社山下フルーツ農園
代表
山下 絵里
所在地
〒389-1204 長野県上水内郡飯綱町大字倉井4276Google map
TEL
0120-533-170
FAX
026-253-8234